ご利用案内

創業以来、優れた製品がそのまま社史です

 

 お客様より御依頼のあるめっきの用途は、電気・精密機器医療器具をはじめ文具、生活用品など多種多様です。
当社は、銅・ニッケル・クロームなどの自動めっき装置をはじめ、各作業ラインのFA化に積極的に取り組んでいますが、作業の特性から人手を必要とする工程もあり、常に精度の高い製品をつくるため、各作業ラインのチームが結束して作業に従事しています。徹底した品質管理のもと、一連の作業ラインを経てめっき加工され、最終工程で検査後出荷されます。

 

1. 受入

お客様からご依頼頂いた素材の種類や数量、状態をチェックします

 
1F

 
2F

 

2. 治具掛け

素材にあった治具を選び、取り付け固定します

 

3. めっき処理

素材表面に各種の金属皮膜を折出させていきます

   

4. 後処理

使用目的に応じた処理をめっき皮膜に施していきます

全自動乾燥機

傾斜型乾燥機

遠心分離乾燥機

5. 検査・梱包・出荷

色むらやキズ、汚れなどがないか入念に検査し、出荷致します

膜厚測定

検査・梱包

6. 排水処理

環境を守るため排水管理を厳しく行っています

反応槽 

操作パネル

PH調整槽

 

7. 検査機器

蛍光X線膜厚計

原子吸光分光光度計

マイクロビッカース硬度計

消防訓練